Okinawa White Dental Clinic

保険・自費診療一覧

一般歯科診療

一般歯科とは、矯正やインプラントのような特殊な治療ではなく、虫歯や歯周病の治療など歯科医院で通常受ける一般的な治療のことをいいます。保険適用内で行われる治療が多いため、一般歯科=保険診療ととらえる方もいます。ただし、同じ治療法でも使用する材料などによっては、保険適用外の自費診療となる場合もあります。

虫歯治療

『虫歯』は、酸によって歯が溶かされる病気です。 私たちの歯には『歯垢』という細菌の塊が付着しており、細菌は食べかすに含まれる糖を摂取して、酸を作り出します。この酸によって歯が溶かされ、虫歯になってしまうのです。歯が溶かされることを『脱灰』(だっかい)といいますが、『再石灰化』(さいせっかいか)という作用によって脱灰した部分が修復され、健康な状態に戻ります。通常、これらはバランスよく行なわれますが、糖の摂取が頻繁であったり、歯垢が酸を作り出しやすい環境にあったりすると、再石灰化が間に合わず脱灰が進行し、虫歯が悪化してしまいます。

虫歯の段階と治療法

虫歯の段階は、英語で虫歯を意味する『Caries』(カリエス)の頭文字を取って『C』で表記され、進行度によってCO(シーオー)~C4(シーフォー)の5段階で表します。

進行度 症状/治療法
CO:初期症状
  • 症状 :脱灰によってエナメル質(歯の表面)が一時的に溶けている状態で、外見ではほとんどわかりません。
  • 治療法:再石灰化によって修復される可能性が高いので、特に治療は必要ありません。
C1:中期症状
  • 症状 :エナメル質内に細菌が進入した状態で、痛みがないため自覚症状はほとんどありません。
  • 治療法:レジン(白い樹脂)で補います。1回の治療で終了します。
C2:後期症状(前半)
  • 症状 :『象牙質』(歯の主要部)まで細菌が達した状態で、しみたり痛みが出たりします。
  • 治療法:患部が小さければインレー(詰め物)で、大きければクラウン(被せ物)で補います。型をとってから作製するので、最低2回の治療が必要です。
C3:後期症状(後半)
  • 症状 :歯髄(神経や血管の束)まで細菌が達した状態で、炎症を起こして激痛を感じる『歯髄炎』になっています。
  • 治療法:根管治療(歯根内の歯髄を除去する治療)を行ないます。症状によっては十数回の通院が必要になります。
C4:末期症状
  • 症状 :歯の上部が崩壊し、歯根だけが残った状態で、神経が死んでしまっているため、痛みは感じません。
  • 治療法:クラウンで補うか、症状によっては抜歯を行ない、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどで治療を行なう必要があります。

虫歯は、進行すればするほど治療期間が長引いて治療費がかさむため、患者さまの負担が大きくなります。早い段階で治療できれば大きな負担にはならないので、歯に少しでも違和感を覚えたら、すぐに受診しましょう。

※治療法はあくまでも参考なので、症状が同じでも実際の治療法は記載内容と異なる場合があります。

虫歯予防

虫歯予防で一番大切なのは、虫歯の原因除去と進行阻止です。 予防法は日常的に取り組めることなので、ぜひ実践しましょう。

歯磨きによる虫歯の原因除去

就寝前の歯磨きを丁寧に
就寝中は唾液があまり出ないため、再石灰化の効果が弱まります。つまり就寝中は虫歯が進行しやすくなるので、1日のなかでも就寝前の歯磨きはとくに丁寧に行ないましょう。
歯並びの悪い部分に注意
歯と歯が重なっているなど歯並びの悪い部分は、とくに虫歯になりやすいところです。デンタルフロスなどを使用して、細部の汚れまできちんと除去しましょう。

食生活における虫歯の進行阻止

間食は量より回数に注意
間食の回数が増えるほど再石灰化が脱灰に追いつかず、虫歯の進行を助長してしまいます。ダラダラ食べず、メリハリのある食生活を心がけましょう。
就寝直前の飲食を控える
就寝中は唾液があまり出ないため、就寝直前に飲食すると再石灰化が間に合いません。細菌の動きを活発にするだけなので、就寝直前の飲食は控えましょう。

フッ素塗布

フッ素による虫歯予防

『フッ素』は自然界に存在する元素のひとつです。ただし反応性が高い(電子を引きつける力が強い)ため、単体ではなく他の何らかの物質と結合して『フッ素化合物』(以下『フッ素』)として存在しています。フッ素は特別な物質ではなく、土壌や海水をはじめ、野菜、果物、魚介類、海藻類、動植物組織にも含まれています。フッ素には虫歯に対する抵抗性を強める働きがあるため、虫歯予防のために世界中で利用されています。私たちは日常的に食事からフッ素を自然に摂取していることになりますが、それだけでは虫歯予防に十分な量のフッ素を得られません。歯の表面にフッ素を塗布することで、唾液中のカルシウムが歯に取り込まれやすくなり、歯が丈夫になるのです。

フッ素の働きと効果

歯の表面を覆っているエナメル質は人体の中でもっとも硬い部分ですが、細菌の作り出した酸には溶かされてしまいます。フッ素がこのエナメル質に取り込まれると、エナメル質を酸に溶けにくい状態に変化させることができます。また、自然治癒が可能な初期症状の虫歯であれば、フッ素塗布により再石灰化を促進します。フッ素には、以下のような効果があります。

  • 細菌による酸の生成を抑える
  • 歯質を強化し、酸から歯を溶けにくくする
  • 唾液中に含まれるカルシウムの沈着を促進し、再石灰化を助ける

フッ素による虫歯の予防法の種類

現在、虫歯予防にフッ素を利用することは一般的になっており、世界中のほとんどの歯科医師がその効果を認めています。フッ素による虫歯の予防法には、歯科医院でフッ素塗布を受ける方法をはじめ、以下のようなものがあります。

  • 歯科医院で液体のフッ素を塗布してもらう
  • フッ素入りの歯磨き剤で歯を磨く
  • フッ素入りの洗口剤でブクブクうがいを行なう

歯科医院でフッ素塗布を行なう場合、その1回で終わりにするのではなく、年に3~4回定期的に行ない、十分な効果を得られるようにしましょう。また、フッ素はお子さまが利用するものというイメージがありますが、大人にも同様に効果があります。日常生活に上手にフッ素を取り入れて、虫歯予防に努めましょう。

審美歯科診療

審美歯科とは、歯をより白くしたり銀歯を目立たなくするなど外見に重点を置き、美しい口元をつくり上げることを目的とした治療です。しかし単に美しい口元つくり上げるのではなく、「噛む」「話す」といった口本来の機能がきちんと果たされていることが大切です。

ホワイトニング

『ホワイトニング』とは、薬剤を使用して歯磨きなどでは落ちない着色を除去し、歯を削ることなく明度を上げて白くする治療です。以前は、歯を削って薄いセラミック(陶材)を被せて白くする方法が採用されていましたが、現在はこの薬剤を使用したホワイトニングが主流となっています。ホワイトニングには、歯科医院で行なう『オフィスホワイトニング』と自宅で行なう『ホームホワイトニング』があります。

オフィスホワイトニング

準備中のためご不便をおかけいたします。

ホームホワイトニング

準備中のためご不便をおかけいたします。

矯正歯科診療

矯正歯科とは、不正咬合(出っ歯、受け口、八重歯など外見や噛み合わせの悪い歯並び)を、矯正装置を使用して治療することです。単に美しい歯並びに改善することだけではなく、虫歯や歯周病の予防、全身の健康維持を治療の目的としています。

矯正歯科

不正咬合の種類と特徴

『不正咬合』とは、出っ歯、受け口、八重歯など外見や噛み合わせの悪い歯並びのことです。不正咬合にはいくつかの種類があり、それぞれわかりやすい特徴があります。

種類 特徴
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
通称:出っ歯
上の歯列または骨格全体が前に出ている状態です。上顎の過成長、下顎の成長不足、指しゃぶりなどが主な原因です。
下顎前突(かがくぜんとつ)
通称:反対咬合、受け口
下の歯が上の歯より前に出ている状態です。遺伝などの先天的な原因と、舌癖(舌で下の前歯を押す癖)などの後天的な原因があります。
叢生(そうせい)
通称:八重歯、乱ぐい歯
歯並びがデコボコになったり重なり合っている状態です。顎の大きさに対して歯が大きいことが主な原因です。
開咬(かいこう) 奥歯が噛み合っていても、前歯の上下が噛み合わない状態です。舌癖、指しゃぶり、口呼吸などが主な原因です。
過蓋咬合(かがいこうごう) 上下の歯が深く重なり、下の前歯が見えない状態です。上の前歯が下に伸びすぎていたり、下顎が小さいことなどが主な原因です。
空隙歯列(くうげきしれつ) 隙間が多い状態です。顎の大きさに対して歯が小さかったり、歯の数が少ないことが主な原因です。
正中離開(せいちゅうりかい)
通称:すきっ歯
前歯の間に隙間がある状態です。顎の骨が大きく、歯の生えてくるスペースがありすぎることが主な原因です。

不正咬合の問題点と矯正治療の必要性

不正咬合を放置していると心身に悪影響を及ぼし、さまざまな問題が起こります。

  • 外見がコンプレックスとなり、他人と接するのが苦痛になる
  • 歯ブラシが届きにくく磨き残しが多くなるため、虫歯や歯周病になる可能性が高くなる
  • 発音が不明瞭になり、とくに外国語の発音がしづらくなる
  • 咀しゃく力が低下するため、食べ物をよく噛み砕くことができず、消化器官に負担がかかる
  • 咀しゃくのとき顎が不自然な動きになるので、顎関節や肩に余計な力が入り、頭痛や肩こりなどを引き起こす

これらの問題点は、矯正治療を行なうことによって改善され、歯並びの美しさだけではなく心身の健康も手に入れることができます。矯正の治療法はさまざまあり、不正咬合の種類や症状、患者さまのご希望、生活様式、担当医の診断などによって異なります。治療をご検討の方はぜひ当クリニックにご相談ください。

予防歯科診療

予防歯科とは、虫歯や歯周病など口のトラブルが起こる前に、その原因を作らないよう予防することです。「歯科医院は虫歯になってから行く場所」ではなく、「虫歯にならないように行く場所」と考え、とくに異常がなくても定期的に足を運びましょう。いつまでも自分の歯で過ごせるよう、検診や歯磨き指導を受け、口の健康を維持することが大切です。

PMTC

毎食後きちんと歯磨きをしているという方でも、どうしても磨き残しが出てしまいます。また、歯石(プラークに唾液中のカルシウムなどが付着して石のように固まったもの)は歯磨きでは除去することができません。それらを放置しておくと、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

そこで利用したいのがPMTCです。『PMTC』とは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、『歯科医院で行なう歯のクリーニング』の意味を持ち、歯科医師または歯科衛生士に、自分で行なう歯磨きでは落とせないプラークや歯石を除去してもらう方法です。歯石は『スケーラー』という器具を使用して、歯の表面についた歯垢や着色は、専用機器とフッ素入りの研磨剤を使用して除去し、口の健康維持を促進します。口の健康は、自宅での日常的なケアだけで維持することはできません。歯科医院での専門ケアと両立することではじめて口の健康維持につながります。

小児歯科診療

小児歯科では、主に永久歯が生え揃うまでのお子さまを対象として、虫歯の治療や予防などを行ない、歯科の観点からお子さまの健やかな成長をサポートしています。「子どもの歯は生え変わるから」と異常を放置している方はいませんか?乳歯の異常はその下の永久歯に悪影響を及ぼします。たとえ異常がなくても、乳歯が生え始めたら一度当クリニックを受診してください。

小児歯科

小児歯科と一般歯科の違い

お子さまは大人とは違い、日々成長しています。心身の成長だけではなく歯や顎も成長します。その変化を踏まえ、大人とは異なる治療を行なわなければなりません。それぞれのお子さまの歯や顎の特徴を理解し、将来問題になりそうなことを未然に防げるよう、ご両親と相談しながら治療していきます。

お子さまの虫歯の原因

一般的に、乳歯(子どもの歯)は生後5~6ヵ月頃から生え始め、3歳頃にはすべて生え揃います。乳歯には永久歯(大人の歯)とは異なる特徴があるため、虫歯になりやすいとされています。

やわらかい
永久歯に比べ、エナメル質(歯の表面)や象牙質(歯の主要部)の厚さが半分ほどしかありません。しかもエナメル質もやわらかいため、酸に溶かされやすくなっています。
再生能力が弱い
歯は再石灰化(溶かされた部分を元の状態に戻す作用)によって修復されますが、乳歯はその力が弱いとされています。
食べかすが溜まりやすい
永久歯に比べ溝が多く深いため、食べかすが溜まりやすく磨き残しが多く出ます。そのため、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

乳歯には以上のような特徴があるうえに、お子さまは1人で上手に歯磨きができず、磨き残しが出てしまいます。つまり、お子さま自身による歯磨きも虫歯の原因になるのです。 一般的に、3歳まで虫歯にならなければ、その後虫歯になる確率は低いとされているので、ご両親が細心の注意を払って丁寧に歯磨きしてあげましょう。また、お子さま1人で歯磨きできるようになっても、必ず仕上げ磨きをして、磨き残しのないようにしてあげることが大切です。

乳歯の虫歯による永久歯への悪影響

歯並びが悪くなる
乳歯は、永久歯が正しく生えてくるための指標となっています。虫歯など乳歯を失ってしまった場合、永久歯は生えるべき場所がわからず、正しい位置に生えてくることができません。その結果、歯並びが悪くなってしまいます。
歯質が悪くなる
歯根の先に膿が溜まってしまうほど乳歯の虫歯が進行すると、乳歯の下でつくられる永久歯のエナメル質を溶かしてしまうことがあり、歯質の弱い永久歯が生えてしまいます。

お子さまのための虫歯予防

フッ素塗布

『フッ素』は虫歯に対する抵抗性を強める働きがあります。歯の表面にフッ素を塗布することで、エナメル質を酸に溶けにくい状態に変化させることができ、歯が丈夫になります。フッ素には、具体的に以下の効果があります。

  • 細菌による酸の生成を抑える
  • 歯質を強化し、酸から歯を溶けにくくする
  • 唾液中に含まれるカルシウムの沈着を促進し、再石灰化を助ける

フッ素塗布を行なう場合、1回で終わりにするのではなく、年に3~4回定期的に行ない、十分な効果を得られるようにしましょう。

シーラント

『シーラント』は、とく虫歯になりやすい奥歯の溝をプラスチックで埋めて、虫歯を予防する方法です。シーラントを行なうのに歯を削る必要はありませんが、歯の形状によっては取れてしまい、取れた部分に残っているシーラントと歯の境目に歯垢が溜まりやすくなるため、ここから虫歯になる確率が高くなります。定期健診を受け、シーラントが取れていないかどうかを確認してもらうことが大切です。

麻酔

歯科治療は「怖い」「痛い」というイメージを持たれがちです。イメージだけではなく、実際に「治療が嫌だ」という方がほとんどではないでしょうか。「嫌だけれど我慢できる」という方から「通常の虫歯治療すらしたくない」という方までさまざまだと思いますが、後者の場合、手術が必要なインプラント治療や親知らずの抜歯などを行なうときの緊張や恐怖心は、並大抵ではないでしょう。当クリニックではそのような方を対象に、緊張や恐怖心をなくし、リラックスした状態で治療を受けていただけるよう『全身麻酔』と『笑気吸入鎮静法』を導入しています。

全身麻酔

『全身麻酔』は、意識を失わせて全身の痛みの感覚を麻痺させる方法で、『静脈麻酔法』(麻酔薬を静脈内に投与する方法)と『吸入麻酔法』(肺から吸入する方法)があります。どちらにも脳の活動を抑える働きがあるため、全身の痛み感覚を麻痺させることができます。静脈麻酔法は麻酔の導入(麻酔薬を投与してから麻酔の維持に移るまで)に用いることもあります。麻酔中は血圧、心拍数、心電図、体温などを計測・記録し、変化に適応した処置を行なえるよう全身の状態を観察しながらしっかりと管理を行ないます。なお、歯科の全身麻酔では気道を確保するための気管挿管や人工呼吸を行ないます。全身麻酔を行なった当日は日帰りが可能ですが、状態によって1日だけ入院していただくこともあります。

セカンドオピニオン

治療を受けるに当たり、「本当にこの治療法でいいのか」「自分に合った治療法がほかにもあるのではないか」と思われる患者さまは少なくありません。専門的知識を持っていない患者さまにとって、それをご自身で判断することは困難です。このようなとき、主治医以外の医師に意見を求め、医師や治療法を選べるようにすることを『セカンドオピニオン』といいます。

セカンドオピニオンの重要性

治療を受けるということは、自分の体と健康に深く関わり、一生を左右するといっても過言ではありません。納得できなかったり、不安を払拭できないまま治療を受けた場合、たとえどのような名医に治療を担当してもらっても、良好な治療結果には結びつきません。治療後に後悔しないためにも、信頼できる歯科医師を見つけて友好的な関係を築き上げ、良好な治療結果を導き出したいものです。

どのようなときにセカンドオピニオンを求めるか

セカンドオピニオンは、どのようなときに求めればよいのでしょうか。保険診療は治療法や治療費があらかじめ決められているため、セカンドオピニオンを求めても結果に大差はありません。しかし自由診療の場合には、歯科医院や歯科医師によって治療方針・費用などに差があり、しかも治療期間が長期に及ぶことが多いので、歯科医院や治療法の選択を慎重に行なわなければなりません。セカンドオピニオンは、通常このような自費診療で求めます。とくに、インプラント、矯正治療、手術が必要な重度の歯周病、重度の顎関節症、噛み合わせ治療、審美治療、などでセカンドオピニオンを求めるのは有効です。

実際に歯科医師と話すに際して

あらかじめ聞きたいことをメモしておくなどして、きちんと準備をしておきましょう。主治医以外の歯科医師と話すせっかくの機会なので、意見を聞いている途中で疑問がわいたり、新たに質問したいことができた場合は、遠慮せずに尋ねることも大切です。歯科治療は自分の一生に関わるものです。後悔することなく、生涯にわたって健康に過ごすためにもセカンドオピニオンを活用し、ご自分が納得できる治療を受けましょう。